|チャレログ

【プログラム体験談】SecHack365に1年間参加してみた社会人1年目のお話

【プログラム体験談】SecHack365に1年間参加してみた社会人1年目のお話

はじめに

※以下の発言は個人的な見解であり、所属する組織の見解ではありません

皆さまはじめまして、いせかつし(@isekatusi)と申します。
普段はセキュリティ関係の会社に勤めていて、セキュリティ製品の開発やサイバーセキュリティに関する研究をしています。

今回は「SecHack365に1年間参加してみた社会人1年目のお話」と題して、
去年度に私が参加した情報通信研究機構(NICT)のプログラム、SecHack365について書いていこうと思います。
この投稿をご覧になられた方が少しでもSecHack365に興味を持っていただければ幸いです。(25歳以下の方なら応募してもらえるともっと嬉しい!)

SecHack365の詳しい内容については公式ホームページをご覧ください。
https://sechack365.nict.go.jp

忙しい方向けのこの投稿の要約

  • SecHack365は様々な背景を持った参加者が沢山いる
  • SecHack365は自分の「やってみたい」を全力サポートしてくれる場
  • SecHack365に参加してものづくりに対する姿勢を学ぶことができた
  • いかにモチベーションを保ちつつ1年間参加するかがキモ

参加期間

2017年5月20日〜2018年3月24日

SecHack365に参加した経緯

私がSecHack365に参加した経緯は、会社のとある先輩の一言からでした。

先輩「いせかつ君、SecHack365っていうプログラムがあるんだけど知ってる?」
私「知りませんでした。ありがとうございます、調べてみます」

私「カタカタ・・・(ホームページを調べている音)」
私「控えめに言って最高に面白そう」

その後、会社に相談(という名の猛烈アピール)をしてGOサインを貰い、応募用紙を提出、ドキドキしながら合否を待ち、無事合格という流れです。
要するに偶然だったんです。でもこの偶然が私を成長させてくれる素晴らしい1年間の始まりでした。

SecHack365で何を学びどう感じたのか

ここでは、SecHack365の活動で何を学びどう感じたのかについて書いていきます。

  • 5月 NICT見学会

初顔合わせとなる5月。まず一言「不安」でした。とっても。
このまま誰とも話ができなかったらどうしよう・・・なんて思っていたのですが、
1日が終わる頃には何人かトレーニー(参加者)とお話しできて、不安は期待に変わりました。
驚いたのは、話した方それぞれが全く違う分野を専攻していたということ。
自分の知らなかった事について興味を持つきっかけになりました。

  • 6月 東京回

顔合わせ会を除くと初めてとなるオフライン回。
東京回ではチームビルディングを通じたトレーニーとの交流、またアイデアの発想法について学びました。
一見関係のないアイデアが繋がって新しいアイデアになったり、同じようなアイデアが組み合わさってもっといいアイデアになったり、
とにかく脳みそがオーバーヒートを起こすくらい頭を使いました。

  • 8月 福岡回

この回から本格的な活動が始まりました。
福岡回では、最終ゴールに向けた具体的な方向性を固めていくことに注力しました。
方向性を固めて行く上でトレーナー(委員)の方々は私にとって大きな支えでした。
何度も相談に乗って下さり、自分の本当にやりたいことが固まってきてこれからもっと頑張ろうと思いました。

  • 10月 北海道回

北海道では作りたい物の必要なパーツが揃ってきていたので、それを組み合わせて形にしていきました。
会社に入る前(学生時代)までは「自分のため」が先に来ていましたが、
「誰かのため」を考えたことは無かったので、ものづくりの難しさを知ることができました。
誰のためのものなのか、何ができるのか、何がうれしいのか、といったことを考えながら大阪回までにやることを決めました。

  • 12月 大阪回

大阪回ではものづくりも最終段階です。
最終発表に向けた発表練習や、開発中のアプリケーションのブラッシュアップを行いました。
他のトレーナーやトレーニーに実際に動くものを見てもらうことで、自分では気づくことができなかった点に気づくことができました。
頂いたアドバイスをアプリケーションにフィードバックして、また見てもらうことを繰り返していき、よりよいものになっていきました。

  • 2月 沖縄回

沖縄回はトレーナーに最終成果物についてのプレゼンテーションを行いました。
沖縄回までの間は、どうすれば伝わりやすくなるのかを考えて資料を作成していました。
例えば、文字は大きくする、1ページに文字を書きすぎないなど。
たり前のことかもしれませんが、ちょっとした工夫で伝わり方って全然違うんです。
少し早口になってしまいましたが、何度も練習したのでしっかりと伝えることができたかなと思います。

  • 3月 東京回

最後の東京回では、外部の方に自分達の成果物についてポスターセッションを行いました。
「これはどんなことをしているんですか?」「面白そうですね」と何人もの方に声をかけていただきました。
作ったものを見てもらえることは純粋に嬉しかったですし成果物をもっと良いものにするために、
これから先も開発を続けていこうと強く思いました。

  • オンライン(上記以外の日)はどのようなことをしていたのか

オンラインでは、参加期間中にいつでも使うことの出来る環境「NONSTOP」上で、データセットの分析やプログラムの開発を行いました。
普段触れることが出来ないようなデータセットを分析することができて知識欲が満たされました。
また、最終成果物を作るためにも役立ちました。
その他には、コミュニケーションツールを介してトレーナーの方に相談をしたり、チームメンバと開発に関する打ち合わせや発表資料の作成を行いました。
「自分1人じゃない」と思えたことでモチベーション向上につながりました。
1年間を通して行うプログラムのため、いかに高い状態のモチベーションを保ちつつオフライン回に備えるかが大事だと思います。

SecHack365を終えて

今回SecHack365に参加して、改めて1年前(参加する前)の自分を振り返ってみると「やりたいことはあっても中々踏み出せない」自分がいました。でもこの1年で「やりたいことがあったらまずやる、共感してくれる仲間を増やす、すぐにあきらめずに続ける」というマインドに変わりました。

大変だったことについても触れたいのですが、やはり仕事との両立は大変でした。ですがこれについては上司が先輩が仕事量の調節など色々と取り計らってくださいました。もし社会人でSecHack365に応募してみようとお考えの方は、周囲の理解を得た上で参加されるのが良いかと思います。

最後になりましたが、関係者の方々には感謝の言葉しか出てきません。本当にありがとうございます。SecHack365で学ばせていただいたことは引き続き実践していきたいと思います!

 

SecHack365カテゴリの最新記事