|チャレログ

【ポルカ】シリコンバレーでの調査の支援のお願い Koala

【ポルカ】シリコンバレーでの調査の支援のお願い Koala

こんにちは。

Koala

Koalaです。
本名は川村優佳で、ゆうか→ユーカリ→コアラという発想を持った高校の先輩につけてもらったあだ名を、気に入って今だに使っています。

 

私は、広島大学で心理学の勉強をしながら、日本の性教育を変えること全ての女性が自分の人生を歩む支援をすること全ての人の自己肯定感を上げることを目標に、活動をしています。

具体的には、性暴力被害者治療VRの開発、性に対して偏見をなくすため、オープンな会話をする性トーク主催、全ての人に正しく、より細かい性の知識を届ける性教育サービス作成、挑戦する人を応援するメディア「チャレログ」運営委員をしています。

具体的な活動は、ポートフォリオをぜひご覧ください
https://peraichi.com/landing_pages/view/wrm6w

この活動の原点にあるのは、自分自身が受けた性暴力です。

日本には見えない性暴力が多々発生していると思います。
見えない性暴力とは、犯罪のようなものではなく、身近な人からの望まぬ性行為や、無知ゆえの行為を指します。
私が受けた性暴力も身近な人からのもので、当時はそれが暴力だとは気づくことができないまま、自分を責める日々が続きました。
見えない暴力は、知識の不足から起きます。
互いの身体、性を理解し、尊重しあっていれば起きなかった性暴力の数はどれほどでしょうか。
性を過度にタブー視するあまり、大切な情報まで隠してしまい、結果として犠牲者が増えているのです。

私はこのような現状を変えるために活動をしています。

 

日本の性風潮の改善を行う上で、理想としているアメリカの性風潮調査がしたい。

自分たちの身体への理解を深めようとしているアメリカの少年少女の活動の調査がしたい。

自分のビジネスプランを、シリコンバレーでブラッシュアップしたい。

 

このような思いから、返済不要の奨学金プログラムに応募し、晴れて合格することができました。

今年の8月に、シリコンバレーに行き、人材育成プログラムに参加することにしました。

 

しかし、最も参加したいプログラムの参加費は、32万円でした。

渡航費や生活費は奨学金でまかなえるものの、学生の私にとってそれは払うことが難しい金額です。

私は、日本の性教育を改善する、閉鎖的な性の風潮を変える、性暴力被害者をゼロにする、という夢を諦めたくありません。

応援してくださる方を探しています。

 

ポルカでのリターンは、シリコンバレーで学んだことのレポートです。
シリオンバレーでこんなことを聞いてほしい!という事前のリクエストにもなるべく答えます!

もしくは、講演依頼があれば、無料にて引き受けます

(遠方の場合、交通費はお願いします。)

 

ポルカで支援してくださる方は、以下のリンクからお願いします

https://polca.jp/projects/JDCXdockAEi

皆様の応援、心よりお待ちしております。

2018年6月1日 川村優佳(Koala)

ポルカカテゴリの最新記事